スポンサーサイト

2013.12.25 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    視力回復アイトレーニングと視力が悪くなる原因や病気

    2013.12.25 Wednesday

    0

      子供の視力低下が想像以上に進んでいて焦りと不安ばかりが募り、何をどうすれば良いのか途方に暮れていたとしても、
      治療らしいことは何一つやっていないのに、視力がぐんぐん回復していき、近視の悩みからさっと解放してくれる方法がこちら



      ネットをちょっと探してみるだけでも、視力回復に関するノウハウなんて、それこそ、数えきれないほど見つかるもので、

      レーシックみたいに手術をする以外にも、メガトレ、アイトレ、ピンホールメガネ、スーパービジョンなどなど、いろんな方法があります。


      あなたがどの手段を選ぼうがそれは構いませんが、いずれにしても視力低下の原因を招いている眼筋を鍛えなおし、

      元通りにピントがうまく機能するようにしてあげると、
      下のようになれるのは事実だということです。



      海やプールに気兼ねなく遊びに行ける

      当たりの景色がはっきりと見えてくる

      裸眼で気持ち良く生活できるようになる

      意味のない視力回復トレーニングをやらずに済む



      視力低下が起きるのは、目に備わっている「ピント」を合わせる機能が著しく低下しているせいで、

      ピントを調節している「眼筋」と呼ばれる筋肉が正常に動いていないことが最大の原因となっています。


      眼筋には近くを見るための眼筋(近眼筋)を遠くを見るための眼筋(遠眼筋)の主に2種類あって、

      遠くを見るときには遠眼筋にギュッと力が入って収縮し、近眼筋が緩むことによって目の焦点が遠くにあるものに調整されます。


      逆に、近くを見る場合には近眼筋が収縮して遠眼筋が緩むわけですが、近視になってしまうのは

      近くを見続けてしまった結果、近眼筋に常に力が入った状態になり、筋肉が硬直化してしまっているうえに、

      使う頻度が減ってしまった遠眼筋の筋力が低下してしまい、遠く見ようと思ってもピントが思うように定まらないという現象が起きてしまっているわけです。


      身近な例でたとえて言うと、長時間正座をしてしまって、脚がしびれるような状態が起きしまうと、近視になってしまうというわけで、

      視力回復を実現するためには、要はこの眼筋が元通りに機能するように鍛えなおせばよいわけです。





      田中謹也さんの1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法は、高額な機材や治療費を支払わなくとも、自宅でできる簡単なトレーニングだけで、眼筋を鍛え、視力を回復させていくことができます。


      田中謹也さんとはちなみに、アイトレーニング視快研 小牧店で店長を務めている人で、子供を中心に、

      これまでに1000人以上の視力アップを実現し、3000人以上へ視力アップに関するアドバイスをしてきた実績のある人です。


      何年か前まで放送されていた「お茶の水ハカセ」や「エチカの鏡」といった番組でも「視力回復のプロフェッショナル」として紹介されたことがあり、

      実際に田中謹也から指導を受けた人たちは、めきめきと視力を回復させており、2か月以内に改善している人の割合はなんと90%以上。


      飽きっぽい子どもでも楽しんで続けられるゲーム感覚のトレーニングを1日10分ほど続けるだけで、視力が0.3から1.2まで回復したという例が続出しています。



      田中謹也さんの「目に関する常識のウソを暴露した衝撃の話題作視力回復の基礎知識」レポートが無料で見れるうちに手に入れるにはこちら



      視力回復 福辻式 口コミ評判
      今野清志 今野式近視改善エクササイズ 口コミ評判


      1